ビュッフェ王 鳩の業務日報

週に1度はビュッフェに行く人のビュッフェと日常

ビュッフェ王 鳩の業務日報

週末のプチ贅沢

やっと1週間が終わりましたね、お疲れ様です

やっと週末!自分にご褒美!って方や
子供が寝静まった後にゆっくりまったりしたいって時、ありませんか?

そんな時にぴったりのおうちで楽しむプチ贅沢をご紹介いたします


コンセプト

私のプチ贅沢のコンセプトは以下の4つです

  • プチ贅沢はあくまでもプチなので予算は2500円まで
  • スーパーなどの気軽なお店で手に入るもの
  • おうちでできて用意・片付けに手間のかからないもの
  • 夜に食べる前提だから、太りづらいもの

体重が激増して萎えるのは、癒しにならないので太りずらいものというのは重要です



この条件に合致するのは

チーズ!
これまでタコスパーティー(1人)をしてみたり、成城石井で豪勢にお惣菜を買ったみたりしましたが
予算をオーバーしたり、高かったり、買いに行くのが面倒だったり、となかなか理想のプチ贅沢ができませんでした
しかし、ついに出会いました
プチ贅沢の理想形、それはチーズです



チーズのどこがいいのか

スーパーでも手に入る
どんな田舎のスーパーでも数種類のチーズが置いてあります

高タンパク
カロリーは高いですが、高タンパクで低炭水化物の為、太りずらい食品と言えます

そのまま食べられる
ラクレットなどの一部のチーズを除けば、加熱不要でそのまま食べられます

片付けが楽
火を使わないので片付けも楽、お皿洗うだけ

特別感・贅沢感がある
お金を掛けずに贅沢している(しすぎていない)という実感が持てる



実施例

実際に私が購入したものを一例として紹介します
※購入金額はおおよそです

①カルディ


だいたい3〜4種類のチーズを買います
この日は
スライスゴーダ(600円)
クラッシュミモレット12ヶ月熟成(650円)
カマンベール(400円)
合計1650円

このスライスゴーダはアミノ酸のしゃりしゃり感がたまりません
スライスされているのでナイフもいらないです
カルディでよく置いてあるのでとってもおススメです

イル・ド・フランスのカマンベールは海外産のカマンベールにしてはかなりお手頃です
熟成は若めで中は適度な芯があり、味も酸味・ミルク感が強いです
こちらはスーパーでも手に入るチーズです

クラッシュミモレットはこの時買って以来であっていません…
外に近い部分が多いので好みが別れると思います(私は外側の方が好き)


カルディは白カビ、青カビ、フレッシュ、変わり種おつまみ系など様々なチーズが置いてあります
商品の入れ替わりが激しいので、気になるものは早めに買うことをお勧めします



②スーパー

仕事終わりでクタクタになっている時はスーパーで調達したりします


この時も3種類ですね
ゴーダチーズ(350円)
ゴルゴンゾーラ・ドルチェ(400円)
ブリー(400円)
合計1150円

ゴルゴンゾーラは塩気の強いピッカンテとマイルドな味のドルチェがあります
お酒を飲まない時はドルチェがおススメ、そのままでも美味しく食べられれます
このドルチェはねっとりした食感とマイルドなお味が相まってペロリと食べられました

ブリー、大好きなんですよね
カマンベールより厚い皮、適度なクセ、硬めの食感
白カビチーズの中で一番好きです
最近はスーパーでもブリーが普通に置いてあって嬉しいです

ゴーダはすっごくマイルド
そのままよりお料理とかに入れたい味でした
味の濃いチーズだけだと飽きるので、クセの強いチーズと合わせて食べたいですね


おわりに

ワインが飲める人はお手頃ワインを買って一緒に楽しむのも贅沢ですよね

私はお酒はやめたので、ブラックティーと一緒に楽しんでします


以上

にほんブログ村 グルメブログへ

Hatena   Instagram   Feedly